開店祝いにお花を贈る際のポイントを業種毎に紹介|カフェ・クリニック・美容室

2022/09/17
開店祝いにお花を贈る際のポイントを業種毎に紹介|カフェ・クリニック・美容室

開店祝いに花を贈ることで相手にお祝い・応援するという気持ちが伝えられます。しかし、いざ花選びをしようと思うと、どの花を贈るべきかが分からないという方が多いようです。

今回は、花の開店祝いを贈る際のポイントを、贈り先の業種毎に紹介していきますので、ぜひご覧ください。

【全業種】開店祝いに花を贈る際に守るべきマナー

まずは、開店祝いに花を贈る際に守るべき基本のマナーについて説明します。

赤い色の花は避ける

赤い色の花は華やかですが、「赤字」「火事」「血」を連想させます。そのため、開店祝いに贈る花としては避けるべきでしょう。

縁起が良くないと言われている花は他にもあります。
・椿(花が首から落ちる)
・ヒグルマ・ヒオウギ(火という文字が入っている)

お祝い事にキクの花は避ける

キクの花は、日本で昔から仏花として活用されており、開店祝いに限らずお祝い事に使ってはいけません。

花言葉の意味も考える

花を贈る時には、その花言葉も知っておくべきです。花言葉は、インターネットで調べるか店頭で確認すれば教えてもらえるでしょう。花言葉にあまり良くない意味を持っているという理由で、開店祝いに贈るべきではない花にはマリーゴールド(絶望)・紫のバーベナ(後悔)などがあります。

【業種毎】開店祝いに適した花

ここからは、代表的な業種毎に開店祝いに適した花を紹介しましょう。

レストラン・カフェなどの飲食店

レストランやカフェなどの飲食店では、お店が開店したことを周囲にアピールしてお客様を呼び込む必要があります。そのため、スタンド花を贈って新規オープンが一目で分かりやすくすると良いでしょう。スタンドを置くスペースがない店舗の場合には、テーブルの上におけるアレンジメントをお勧めします。また、食事の邪魔にならないように、香りが強くない花・花びらが散らない花を選んでください。

クリニック・病院

クリニックや病院では、診療科目を考えて花を選びます。車椅子や杖を使って来院する患者が多い外科の場合は、通行の妨げにならないサイズの花を選ぶと良いでしょう。

小児科ならトゲがなく葉先が尖っていない花・耳鼻科なら花粉や香りの少ない花を選択するべきです。また、動物病院では誤飲を防ぐために床に植物が起きにくいため、カウンターに置けるものが喜ばれます。

美容室・ネイルサロン・エステサロンなど

美容室やサロン系の店舗では、爽やかで清潔感のあるカラーの花を選ぶようにしましょう。店舗によって雰囲気が大きく変わるため、お店の雰囲気に合わせた花選びをしてください。

まとめ:開店祝いにお花を贈る際のポイントを業種毎に紹介|カフェ・クリニック・美容室

いかがでしたか?開店祝いに花を贈る際のポイントは業種によって変わるということでした。
代表的な業種別では下記がポイントになります。
・飲食店:香りが強くないスタンドやアレンジメント
・クリニック:診療科目に合わせて選択する
・サロン:清潔感のあるカラーで店舗の雰囲気に合わせる

相手に喜ばれる花を選んで、開店をお祝いする気持ちを伝えましょう。

  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2022/09/17

この記事を読まれた方におすすめのお花